流体力学研究室

私たちの周りは,水や空気といった流体であふれています.この流体は自動車や航空機といった機械の周りや内部で複雑な流れとなります.この複雑な流れを詳細に把握することは,機械の高性能化や新規開発には必要不可欠です.私たちは,航空機や宇宙機,またさまざまな産業機械に関する流れを室内実験や数値シミュレーションにより再現し,これらを詳細に調べることで機械の高性能化,新規開発を目指しています.

ホームページhttp://fluid.mech.okayama-u.ac.jp/

Yanase Shinichiro
柳瀬 眞一郎教授

専門分野流体力学

E-mailyanase@okayama-u.ac.jp

曲り管内流に関する研究

自動車の排気管のように曲がった管は工学的に非常に多くの目的に用いられています.この中を流れる流れの中ではいろいろな渦が発生し,管抵抗係数や熱の伝道効率に影響しています.これに関して主に数値計算によって研究をしています.

マイクロ・ナノバブルに関する研究

直径が1ミリ以下の気泡を含む流れをマイクロバブル流と呼び,さらに直径が1ミクロン以下の気泡を含む流れをナノバブル流と呼びますが,これらは工学的に大変重要でかつ興味深い性質を持っています.これに関して実験・数値計算両面から研究を行っています.


図1:曲り管内流中の渦


図2:電気分解法によるマイクロバブル発生時

Toshinori Kouchi
河内 俊憲准教授

専門分野推進工学,圧縮性流体

E-mailkouchi@okayama-u.ac.jp

超音速混合・燃焼に関する研究

スペースシャトルが2011年に退役しました.次世代の宇宙輸送システムとしてスペースプレーンの研究が行われています.私たちの研究室では,このスペースプレーン用のエンジン燃焼器に関して,実験や数値計算を用いて基礎研究を行っています.

遷音速バフェットに関する研究

現在の航空機は音速近くの飛行速度で巡航します.そのため翼上面には,図2に示すような衝撃波が生じます.この衝撃波は特定の条件において,大きく振動します.衝撃波の振動は航空機の操縦性に大きな影響を与え問題となります.私たちの研究室では,特殊な方法を用いて衝撃波の動きを可視化し,振動が生じる原因を調べています.


図1:エンジン内の燃料噴流の可視化写真


図2:翼上面に形成される衝撃波の可視化写真

Yasunori Nagata
永田 靖典助教

専門分野空気力学,圧縮性流体,プラズマ

E-mailynagata@okayama-u.ac.jp

プラズマ流と電磁場との干渉流れに関する研究

宇宙空間から地球上に帰還する際,高速で飛行する機体は激しく加熱されるため,これを防ぐ必要があります.その方法として電磁場の利用が提案されており,実験とシミュレーションを通してその基礎研究を行っています.

大気圏再突入機の革新技術に関する研究

大気圏再突入機の厳しい加熱を緩和するための次世代技術として,薄い膜面を用いてゆっくりと減速させる方法や電磁場を利用する方法が提案されています.これらの技術を実際の機体に用いるための応用研究を行っています.


図1:大気圏再突入時を模擬したプラズマ気流


図2:薄膜エアロシェルを有するフライト実験機